猛暑をしのげ!効果的な扇風機の使い方

8月に入って、猛暑が戻ってきてしまいました…。
最近は夜になっても外気温が下がらない!
なんてことも多いみたいです。

強烈な日差し

あの快適な長野県の涼しさは
一体どこへ行ってしまったのでしょうね…(涙)

さて、暑いと心配になる『熱中症』
今年病院に搬送された患者さんは例年に比べて多く、
その6割が高齢者だそう。

熱中症は室内の気温を下げることで予防できますが
古い家だとエアコンがなかったりします。
そんなエアコンがないお宅でも、
簡単に涼しく過ごせる方法がありますよ!

熱中症予防に便利なアイテム

エアコンはなくても涼しくしたい時に活用して欲しいのが【扇風機】
こいつがいい仕事をするのです。

扇風機

扇風機では室内の温度を下げられません。
でも、風を起こして体感温度を少し下げることは可能なんですよ。

私がいつもやっている方法をお伝えしますね。

扇風機で涼しく過ごす方法

【必要なもの】
・水道水の入った2リットルペットボトル
・洗面器やタライなどの水を受けられるもの
・バスタオル
・台になる低いテーブルやダンボール

【やり方】
①ペットボトルに8〜9割水道水を入れて凍らせる

②扇風機の前から少し離れたところ(1メートル程度)に台を置き、
バスタオルを敷いてその上にタライを乗せる

③洗面器の中に凍らせたペットボトルを立てて
扇風機のスイッチを入れる

これだけ。簡単でしょ?

凍ったペットボトルに風が当たって
まるでクーラーのようにひんやりした風に早変わり!

ちょっとした準備だけで
エアコンがないお宅でも
お手軽に涼しく過ごすことが可能です。

我が家での活用法

我が家では凍らせたペットボトルをストックして
エアコンのない部屋で使うようにしています。
このちょっとした手順が、
夜の寝苦しさの解消にも一役買っていますよ。

この酷暑を乗り切るために
一度試してみてくださいね(*´∀`*)

Follow me!

ご予約はこちらから

ご予約はこちらのご予約フォームより承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。