疲れている感覚が麻痺していませんか?

 

リラクゼーションの仕事をしていて感じるのは、
自分の疲れに鈍感な方が多いなということ。

疲れているんだけど、もうそれを感じ取れない状態。
疲れが化石のように堆積しているのに、「疲れてない」とか言っちゃう。

 

いやいや、疲れてないはずないでしょ!
アンタ何連勤したと思ってるの??
って話聞くこっちが思っちゃうやつ。

私はこれを【仕事ハイ】と呼んでいるんですけど
(ランナーズハイみたいな感じね)
ずっと続くとテンション上がっちゃうの。
仕事のことしか考えられなくなっちゃう。

心と体にダメージを負っているんだけど、
感覚が麻痺しているんでしょうねぇ…。

麻痺していると疲れている感覚がなくなっちゃう。
で、感覚がないからもっともっと仕事しちゃう。


でも疲れが溜まっているからパフォーマンスが悪かったり、
家族とか同僚とかコンビニの店員さんとか、
まあ誰でもいいんですけど関わった人のちょっとしたところにイラついたり
なんかちょっとしたことで落ち込んだりしてしまうんです。

それ、周りの人にすごく迷惑だから、やめてほしいんですよね。
以前の私がそうだったからいえますけど、
はっきり言ってそれ公害ですからね(笑)
やめちまえって思いますからね(笑)

周りの人にいたら嫌じゃないですか。

すごく仕事頑張っているけどミスが多かったり
なんかいつもイライラしているひととか。
少なくとも私は嫌だなって思います。

集中力なくなってミスするとか
常にイライラするくらいなら休んだほうがいいと思うわけですよ。

でもこれ、実際にその状態の人に言うと怒られちゃうので(笑)
私怒る側だったので(笑)

それで、何が言いたいのかと言うと、
疲れたなって思ったら素直に飴でも舐めて休憩しましょうってこと。

 

「感覚が鈍感になっているかも」って思えたら、すぐそうしましょう。
「今忙しいんじゃボケ!」って多少なりともイラついた方は、
今日はもう全部のやることをほっぽってお風呂に入って寝ましょう。

麻痺した感覚はすぐには戻ってきません。
感覚を取り戻すためには、
ちょっと浮かんだ感覚をなかったことにしないことが大切です。

目が乾いた→今忙しいから後で
ではなくて
目が乾いた→目が疲れているんだな、ちょっと休憩しようか
というふうに感覚をいちいち拾ってあげる。

そうすることで、疲れた体に鞭打ちまくりな状態から抜け出すことができますよ(^^)

そしてできれば並行してやっていただきたいのが、
疲れている実感がなくても
お風呂に入ったり、見たい映画を見たり、
自然と触れ合ったりとかして心と体を癒すこと。

すでに溜まってしまっているものを出したりほぐしてあげることも大切なんです。
別にマッサージだけが癒しじゃないですしね。

でもサロンにはきてほしい(正直)
佐々木とお話ししてスッキリするのもアリですよ(*´∀`*)

 

昨日まですごく疲れていたけど、今日は平気!と言う人ほど
ケアは必要です。

① 疲れていたら、ちゃんと休む。
② 体に違和感を感じたら無視しない。

ぜひ、日常に取り入れてみてくださいね♡

Follow me!

ご予約はこちらから

ご予約はこちらのご予約フォームより承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。