サプリメントやお薬で問題解決をおすすめしない理由

何となく体調が悪い…。
体がだるくて仕方ない…。

そんなときに、お薬やサプリメントに頼り切りになっていませんか。

体調不良の時、元気が出ないとき、
ついつい頼りがちになってしまうこの二つ。

「好きなものを食べて、足りない部分はサプリでとります」

とか、

「ちょっとダルいし、風邪薬飲んどく?」

みたいに考えていませんか。

でもでも、その考え方、ちょっとキケン!!

私が安易にお薬やサプリを勧めないのには
理由があります。

理由①

継続・大量摂取がカラダに害を与えることがあるため

理由②

沢山摂っても、必要な部分に届かないと意味がないため

この二つ!

ひとつずつ説明していきますね(^^)


理由①

継続および大量摂取がカラダに害を与えることがある

こちらはお客様の衝撃エピソードをご紹介します。

Aさま(仮名)は2週間ほど咳が続いており
咳止めの市販薬をずっと続けて飲んでいました。

とある夜、呼吸が出来なくなりそのまま緊急搬送!

診察の結果、間質性肺炎と診断され
そのまま入院になってしまったそうです。

この方はたまたま使用上の注意(○日経っても〜と書かれている部分)を
しっかり読んでいなかったため
このような状態になってしまったのだとか。

症状を抑えるための薬が、良くするどころか命を脅かすこともあるのです。

このように自己判断で市販薬を使い続けることは
カラダにとってデメリットとなりえます。

また、サプリメントの場合は
採りつづけることで過剰症になってしまうことも。

たとえば 体によいイメージのビタミン。
食品からでなくサプリメントでとりいれると
野菜嫌いでも手軽にとれていいですよね。

でも脂溶性ビタミン(A,D,E,K)といわれるものは体の脂肪に溜まってしまうので、
とり過ぎで過剰症になればカラダに害が起きることもあるんです…。

栄養なのに、と思われるでしょうが
過ぎたるは及ばざるがごとし
という表現がまさにドンピシャなんです(‘A`)

食品から摂ることで
過剰症になることはなかなかありません。
健康になりたいなら、サプリに頼るよりも
食事の内容を見直すべき!です!


理由②

たくさん摂っても、届かなければ意味がない!

これは勘違いされている方が多いので、特に声を大にして言いたいのです。

痛みに効く○○、せっかく摂っているのにまったく効いてくれないのは
有効成分が足りないのではなく
有効成分が必要なところに届いてないから。

なぜ届かないかというと、体のめぐりがうまくいっていないからなんです。

キレイな雨樋(あまどい)は雨水をスムーズに流してくれますが、
落ち葉や埃が溜まった雨樋は雨水が流れにくいですよね。

それと同じで、
全身の筋肉が固かったり、水分が不足していると
体を流れる水分がキチンと全身を巡りません。

せっかく摂った有効成分が、めぐりが悪いせいで必要な場所に届かないのです。

なので、サプリやお薬の効きが悪いときは
量を増やすのではなく、体のめぐりが悪くなっていることを疑ってみてください。

めぐりを良くするためにすべき事は
体に十分な水分を取り入れることと
カチカチにこり固まった筋肉をやわらかくゆるめてあげること。

解消したいお体のお悩みがあるのなら、
体をゆるめてあげることと、こまめな水分補給にこだわってみてください。

お薬やサプリメントを摂るよりもはやく
お悩みが解決するかもしれませんよ(*´∀`*)


 

Follow me!

ご予約はこちらから

ご予約はこちらのご予約フォームより承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。