より良いカラダになるためには、マインドも大切です♡

私は元調理師なので、調理動画や調理器具のお手入れ動画を見るのが大好き。

先日、ヤフーニュースで
錆びた包丁をひたすら研ぎ続ける動画を発見。
ただひたすら包丁を18時間研いだものです。
(狂気を感じますね!いい意味で!)

それをみながら漠然と思いました。

マッサージやリラクゼーションに行くのって、
錆びっさびの包丁をキレイにしていくのに似ているな…って。

刃の表面にびっしりと錆が浮き、
柄の部分は根元が腐食してしまっている包丁は
疲労でボロボロになったカラダ。

その錆をキレイに落としていくのは私たちセラピストです。

初めのうちは錆をひたすらにヤスリでこそげ落とす作業。
ここを念入りにやらないと包丁はキレイになりません。

大まかな錆が落ちたら傷んだ柄を交換し、
目の粗い砥石から研いでいきます。

だんだんと目の細かい砥石に変えて行くに従い、
鏡のように輝きを取り戻していく包丁。

最後はおしぼりがスッパリ切れるほどに鋭く、見違えるように変わりました。

包丁をカラダに例えると、
錆落としのは表面に現れたお疲れを取り除く作業です。

砥石で磨き上げるのは、
カラダ本来の機能を取り戻していく作業。

そして磨き続けたことで、
本来持っていた力以上の結果を出すことができる。

ね、似ているでしょう?

疲れを解消して、ケアを続けることでこれと同じ結果を手に入れられます。

でも、ほとんどの方は砥石で磨くところまでいきません。

表面の錆をちょこっと落として
地金が見えたところでやめてしまいます。

諦めが早い方はヤスリで一回サッと撫でて
「効果がありませんでした」なんてこともあります。

目に見える効果がないからと すぐ諦めてしまうのは勿体ない!

表面の錆がヤスリでこすり続けることで落ちるように、
カラダの疲れもケアを続けることでだんだんと解消していきます。

施術後は【カラダにどれだけの疲れが残っているか】ではなく、
どのくらい軽くなったか】に注目してみてください。

どのくらい軽くなったか】に目を向けられるようになると、
自分自身の変化がどんどん加速していきます。

施術をうける際はマインドも大切。

私も施術のときはお客様が必ずより良いカラダになることを信じて行動しています。
ですので、施術をうける方も
より良くなるつもりでお越しいただけると嬉しいです。


 

Follow me!

ご予約はこちらから

ご予約はこちらのご予約フォームより承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。