4年前の大雪を振り返る

4年前に続き、今回も大雪になりそうですね。

私の住む東信地区は比較的晴天が多く、
恵まれていることに雪もあまり降りません。

湿気が少ないので、
かなり乾燥するのが玉に瑕ですが…。
それでも、今回はそこそこ降っているように感じます。

 

4年前の2月、あの大雪のとき
私はまだ上田に勤めていました。

遅番でしたが大雪警報で17時に帰れることになったんです。

しかし、店を出ても車には雪が多く降り積もっていて
雪かきを積んではいましたが掘り出すのに1時間…。

車に乗ってみたものの、国道は全く進まないほどの渋滞。
同じ場所で1時間を過ごすような状態でした。

しかも、しかもですね…
その日帰宅する前に給油予定だったので
ガソリンはそれほどない。

雪が降っているだけあってとても寒かったのですが、
2時間以上渋滞にはまっているのでガス欠が恐ろしく
止むを得ず暖房を消しました。

ラジオを聴いても状況は分からず、
一向に進む気配がないので思い切って引き返し別ルートを選択。

ちょうど除雪車が現れた道を選んで進むことに。

除雪車が入っていても完璧に除雪がされているわけではなく、
15センチほど雪が積もった道を超強行軍で駆け抜けました。

ここで、タイヤが空転するようなことがあったら
おそらく私は遭難していたと思います。

救助に来られる状況ではありませんでしたからね。

普通の状態だと1時間と少しで着く道のりが
こんなに遠く感じたのは初めてでした。

ようやく自宅まで後1/3ほどとなったあたりで、
今度はトイレに行きたくなってコンビニへ。

ついでに何か温かい飲み物とつまめるものを…と思いましたが、
みんな考えることは同じなようで
すぐに食べられるものはもう品切れ状態。

暖房がないので、
温かい飲み物を手に入れた時は本当に嬉しかったです。

そこから、およそ3時間をかけて
なんとか自宅にたどり着くことができました。

合計6時間ほどかけて帰宅した時は心底安心しました。
おそらく家族もずっと心配していたと思います。

 

4年経った今振り返ると、
よかった点とダメだった点はこんな感じでした。

【よかったこと】
・車に小さい雪かき用スコップを用意しておいたこと
・足首から雪が入らないサイドゴアのレインブーツを履いていたこと
・車内にひざ掛けとストールと手袋を用意していたこと

【やっちゃダメだったこと】
・渋滞中に携帯の充電がなくなってしまったこと
・職場にいれば安全だったのに、無理やり帰ろうとしたこと
・ガソリンの残量をしっかり把握していなかったこと

【改善点】
・TVで不要不急の外出は控えろと言っている時は、
遭難する恐れがあるので外出しない
・常にのど飴かなんかカロリーになるものをカバンに入れておく
・冬場の給油はこまめに
・タオルと代えの靴下はあったほうがいい(汗冷え対策)
・雪が多い時は、一気に雪かきをしようとしない(筋肉痛になるので)

とくに、外出のくだりは
有給とか使えるなら使ってなるべく外に出ないなど
危険を避ける選択をする必要があります。

雪の日は決して無理せず、安全確保に努めてくださいね〜(*´∀`*)

Follow me!

ご予約はこちらから

ご予約はこちらのご予約フォームより承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。