ケアの時間を先に確保する

忙しいけど、このツライ状態を何とかしたい!
という場合、
多くの方は忙しさが一段落してから時間をとろうとしてどんどん先延ばしにしてしまいます。

でもそれ、ちょっと発想を変えてみませんか?

大変だから時間がない?!

当サロンに来る方は
お子さんがいて、
とか
主婦業の他に仕事もやってます、
という方が多いです。

かなり忙しいんですよね。
忙しいから疲れている、でも時間がない!
と仰る方の多いこと。

私は結婚もしてませんし、子どももおりませんから本質的なものは何も分かっていないと思います。
しかし、
お話を聞いて、体に触れて、いかに大変かというのは感じております。

仕事をやって〜
家事やって〜
子どもの世話して〜
気を失うように眠る!
という生活をしていると、
どう考えてもケアをする時間を付け足すことは出来ませんよね?
やることがパンパンなんだから、
どんなにねじ込もうとしても難しい。

ですのでここで発想の転換をします。

先に時間を確保する

たとえば月2回のケアの時間をとりたければ、
まずは絶対外せない予定を入れて、
それから月2回のケアの時間を決めて確保。
そして、
イレギュラーな何かが起きたときのための予備日をきめます。
それから、残りの予定を決めます。

基本的に、この先取りしたもの(ケアの日・予備日)は動かしません。
決めたので。
何が何でもとります。

もし当日都合が悪くなっても、
予備日を使えば問題ありません。

時には諦めるのも大事

優先順位を決めて予定を決めていくと、
きっとあぶれちゃうしょうもないものが出てくるはず。
それは思い切って諦めます。
優先順位低いものは、あきらめる。
できなくてもいいものなのです。

ケアの優先順位が高いのはどうして?

なぜ、自身のケアの優先順位が高くするのか?と思われるかもしれません。

何かをするとき、ひとは必ず自分を介して行動します。
逆に言うと、自分を通さないと何も出来ません。
いちばん大切にする必要があるのは、すべてを実行する自分だからです。

自分のケアを余った時間で適当にやるんじゃなくて、
時間をとって丁寧に扱ってあげることで
より良くしていけるんです。

他人都合だと自分の時間はとれない

うちのサロンに来る方は、とっても心配りの出来る優しい人たちばかりなので
笑っちゃうくらい自分の優先度が低いです。

「仕事で後輩が…」
「子どもが…」
「旦那が…」
「お舅さんが…」
って、いつでも自分以外が優先。


他人都合で動くからいつもやることがパンパンなんです。

(エラソーにいってますが、私もそうだったのでめっちゃわかる)

他人のコトを優先するにも、自分が必要。
だから、ケアの時間は優先してとる必要があります。

おわりに

疲れを何とかしたい、ケアしたいと思ったら
まずは時間を先に確保。

ケアの時間は自分だけのものですが、
周りの人のためになるものでもあります。

忙しいな、疲れているなと感じたら、
自分を何が何でもケアしてあげてください。

Follow me!

画像をアップロード

サロンの来店予約は
こちらからお願いします

当サロンは完全予約制です。
来店予約はフォームまたは
お電話で承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。