見直すべきは自分の免疫力②(体温編)

病気や体調不良を心配するあまり、
除菌・抗菌・殺菌で【菌絶対殺すマン】になってしまってるみんな〜!
自分の体内で菌を殺せる仕組みがきちんと働いているかな?

ここから数回にかけて、自分の体の免疫パワーを引き出すための
見直しポイントをお伝えしますね。

体温を上げる

これは本当によく聞くことだと思いますが、
実際できてない人が多いんですよねぇ。

自分の平熱はどのくらいかご存知ですか?
私は36.8度が平熱です。

免疫力が働くためには適温がある

免疫力がいい感じに働くのは36度以上。
1度高くなると最大で5倍になると言われてますから
ある程度高いほうが活発に働いてくれます。

逆に1度下がると30〜40%下がるとも言われてます。
1度下がるだけで免疫力の士気が3割減とかシャレになりませんよね。

体温を上げるのに
一生懸命厚着している人もいると思いますが、
冷えたものを保温しても意味がない!ので
私は正直厚着だけってどうなのって思ってます。

オススメ体温の上げ方 「体を動かす」

手っ取り早いのは運動です。
諦めて体を動かすのをおすすめします。

運動している人たち

体を動かすと、筋肉が熱を生み出してくれますし
筋肉のポンプ運動で血液や体液も巡るから温まります。

運動嫌いに筋トレしろとか言っても絶対しないので(私のこと)
私が推奨するのは
最も単純にできる【歩く】こと!

立って歩く動きは全身運動ですからね、
腕を大きく振って、
しっかり前を見て、
地面を蹴り出すようにして進むだけで十分です。

運動習慣なし・筋肉少なめ・デスクワーク多め・インドア派の方に
冷えている人が多いのは動かしてないから!
是非とも意識的に動かしてみてください(^^)

オススメ体温の上げ方 「湯船に浸かる」

体温を上げるには、運動だけじゃなくて入浴もおすすめします。

シャワー派の人もいると思いますけど、ちょっと聞いてほしい。
免疫細胞って全身にあるけど、特に腸に多く配置されているから
温めるなら腸まで温める必要があります。

シャワーは体の表面の汚れを落とすことに向いていますが、
お湯は体の表面を流れるだけなので深部まで温めることはできません。
だから全身をくまなく温められるように
私は湯船に浸かることを推奨します!

ぬるめ半身浴よりは
ちょい熱いくらい(40〜42度)で全身浴のほうが時間の節約にもなるかも。
1時間とか浸かる必要はなくて、15〜20分くらいでOK!
特に寒い時期にぬるめの半身浴などしたら逆に風邪ひいちゃいますからね。
逆に冷えることのないようにご注意ください。

この深部体温を上げるということがまた
安眠にもすごく効果的なので、
お風呂の時間はしっかり習慣づけてほしいですね〜。

体温を上げる まとめ

体温を上げるためのお手軽な方法は2種類。
「体を動かす」=自分で熱を作り出す
「入浴する」=外側から温める
という方法があります。

なかなか習慣化するには時間がかかるかもしれませんが、
習慣化さえしてしまえば割と大したことがないことだったりします。

体温を上げることは、
自分で菌やウイルスと戦えるようにするために
免疫の活躍できる環境を整えてあげること。

もともと体温が低い、仕方のないことだ!
としきりに口にする方もいますが、
そんなのはただの言い訳に過ぎません。
ベストな状態にできるポテンシャルはみんなの体に備わっています。

自分の体を守るために、自分にできることから始めましょ。
それではまた次回!しーゆー!!

Follow me!

画像をアップロード

サロンの来店予約は
こちらからお願いします

当サロンは完全予約制です。
来店予約はフォームまたは
お電話で承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。