仕事量を減らすことは悪いことじゃない

当サロンはリラクゼーションサロンですから、
体の癒しを求めてくる方が多いです。
すごく疲れ切ってご来店されているのを見ると、
ものすごく多い仕事量を頑張ってこなして体が疲れているんだなぁと
つくづく感じます。

頭を抱える女性

先日書いた記事で、
自分の仕事量がキャパオーバーしていないかを
しっかりと見直す必要があるとお伝えしました。

なぜ見直す必要があるかというと、
限界以上に仕事をすると壊れてしまうからです。
カラダだけじゃなくて、ココロも。

仕事量を減らすメリット

仕事量を減らすと、無理をしなくなる分
きっとカラダは今ほど疲れないでしょう。

疲れていなければ、
仕事に集中して取り組めますし、効率も上がります。
誰かのミスなどがあっても寛大でいられる心の余裕が持てます。

仕事に使っていた分の時間を、家族や自分のために使うこともできます。
体のケアに使ってもいいし、ずっと見たかった映画に使ってもいいし、
畑をいじったりしてもいいし、クローゼットの断捨離の時間も取れるかもしれません。

精神的にも、時間的にも余裕ができるので、
自分の人生を楽しむことができます。

仕事量を減らすデメリット

仕事量を減らすと、
自分がやらなくなった仕事は他の誰かがすることになります。
今まではやっていたのに、
急に断るようになったり 他の人にお願いするようになったら
周囲との軋轢は多少なりとも生じると思います。

時間給的な職場では収入が減ることもありますね。

絶対言われます(キッパリ)
私もいわれました(笑)
超面倒だった(笑)

デメリットが結構怖く思える方もいるんじゃないでしょうか。
定時で帰る某ドラマも見ていてモヤっとする人いるでしょうしね…。

自分じゃないとできない仕事に絞る

私は正直デメリットなんか大したことがないと思っています。
何故かというと、周囲の人に自分の体の状態ってわからないから。

仕事量が多くなってしまう人は、
仕事ができるし頼まれたら断らない優しい人が多いと私は思います。
できるが故に、優しいが故に、仕事量が多い。
そして自分の仕事+自分以外の誰かの仕事でどんどん自分の首を絞める。それって少しも幸せじゃないって思うんです。

お茶くみ・コピー・電話の応対など、
誰でもできる優先順位の低いことから少しずつ手放して
自分の仕事に集中していきましょう。
全部を断りにくかったら、まずひとつだけでも断ってみたらどうでしょう?
量が多すぎるときは人にお願いしたっていいんです。

家事だって、一つや二つやらなくても死なないし、
外注っていう方法もあります。

人の仕事よりも、自分の体や健康のことを考えていたほうがいいです。
他人はあなたのカラダや精神状態まで興味を持っていません。
たとえそのせいであなたが壊れたって、
他人はその辛さを引き受けてはくれませんし。

まとめ

日々こなす仕事を減らすことは、何も悪いことではありません。

仕事量が適正になれば、
朝はスッキリ目覚め、昼はすいすい活動でき、
夜は気持ちよく眠れるようになります。

ちょっとした行き違いなどのストレスだって軽〜くスルーできたり、
ちょっと嫌いなあの人の動向だって気にしなくなります。

仕事で消費され尽くしてきた、やってみたいあれこれも
挑戦できるフットワークも手に入ります。
それに自分のためになる時間が手に入る!
カラダのケアの時間も取れるよ!
最高じゃないですか!うん、最高!

いつも疲れすぎているな…と感じている人は、
勇気を持って
今受け持っている仕事量が本当にあなたにとって適正かを見直し、
減らしてみるといいですよ。

画像をアップロード

提供中のメニュー

当サロンで提供中のメニューは
こちらからご確認いただけます。

画像をアップロード

お客様のご感想を
まとめました

お客様のご感想・口コミは
こちらのページよりどうぞ。

画像をアップロード

サロンの来店予約は
こちらからお願いします

当サロンは完全予約制です。
来店予約はフォームまたは
お電話で承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。