自分責めをしやすい人は疲れやすい

リラクゼーションやマッサージに通っているのに、
なかなか疲れが解消しないことってありますよね。
それは仕事量が多いとか、
施術する側の腕や、姿勢などの問題もありますが、
施術を受ける側のメンタル面も関わっています。

落ち込む女性

特に疲れを解消しにくいのは、自分責めをしているひと。
カラダは人それぞれなのに、
「こんな事もできない私役立たず」
「あの人は簡単にできてるのに私にはできない」
「全然できないならせめてここまではできるようになろう」
とかついつい考えちゃって、
しかも口癖になっちゃっている人は特に解消しにくく感じます。

なぜそういう人の疲れが解消しにくいかというと、
ついつい頑張り過ぎて、できない自分を責めてしまうからです。

ネガティブな言葉はカラダを縮こまらせて固くします。
人から言われるだけでもかなりしんどいのに、
自分責めをしている人は自分で自分にダメ出しをします。
人から言われなくても、自分で自分を縮こまらせてしまうんです。

だからいつもずっとギュッと力が入っている。
寝る前に思い出してまたギュッと固くなる。
固くなってしまうと呼吸が浅くなり、リラックスから離れていく。
そして眠れない。

しかもギュッと縮こまると姿勢も悪くなるから
リラックスからさらに遠のいてしまい、
心にも余裕がどんどんなくなっていって
仕事や人間関係がうまく行かなくなり、
また責めて、固まって…の無限ループです。
(無限ループって怖くね?)

そうなってくるともうケアが追いつかなくなってきます。
固くなるスピードのほうが早いから。

そして自分責め上級者はこういいます。
「全然何もしていないのに、こんなに疲れてるなんてダメですよね」

はいキタ。
百万回聞いた。
百万回聞いたよ〜私!!!!
耳にタコだよ〜〜〜〜〜〜!!!
テンプレのごとくほぼ毎回聞く。

疲れてる状態をなんとかしたくてきているはずなのに、
この疲れている自分へのダメ出し。
これ、ほんと、ヨクナイ。

うっかり自分責めしちゃう癖のある方は、
自分の頑張った部分をなかったコトにしがちなんですよ。
普通にできた部分を見ないんですよ。
だから「何もしてない」「ダメ」とか口走っちゃう。

ハァ〜〜〜〜〜?!?!??!(キレ気味)
ぜんぜん違うから!!

家事やったり、仕事したり、何も考えずにできる作業をこなしたり
苦手なアイツとなんでもないふりして喋ったり、
…できていると思うんです。確実に。

責めたい部分はちょっと一旦横に置いといて、
やったこと・できたことをじっと見てあげて、
自分自身をねぎらってあげるのですよ。
えらいね、すごいね、頑張ってるねって。

ねぎらいタイムはいつでもいいけど、
お風呂とか寝る前とかそれこそボディケアを受けているときとかに
やってみるといいんですよこれが。
自分の体に触りながら言葉がけするほうが染み渡ると思います。

体のケアを定期的に受けているのに
何故か思うように疲れが取れていないなって思ったら、
いたるところで自分を責めてばかりいないか確認してみるといいですよ。

画像をアップロード

提供中のメニュー

当サロンで提供中のメニューは
こちらからご確認いただけます。

画像をアップロード

お客様のご感想を
まとめました

お客様のご感想・口コミは
こちらのページよりどうぞ。

画像をアップロード

サロンの来店予約は
こちらからお願いします

当サロンは完全予約制です。
来店予約はフォームまたは
お電話で承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。