掃除中にできる、肩こり解消セルフケア

掃除用具

多くの方が悩んでいる【肩こり】は、
デスクワークなどの同じ姿勢を長時間続けることによって起こります。

基本的に体は動かすようにデザインされているので、
動かしていないことでも疲労がたまり固まってしまいます。

つらい肩こりは肩甲骨周辺の筋肉が柔らかく動かせるようになるととてもラクになります。
こまめに緩めたり、動かしたりするだけで肩こりの解消につながるのですが、何しろ普段動かさない時間が長いので、
短時間小さく動かしてもスッキリしない気がするのです。

ある程度の運動の時間が取れればなんの問題もないのですが、
時間の捻出が難しい方もいますよね。
なので、ちょっとした掃除の時間を使って肩こりを解消していきましょう。

肩こり解消にオススメの掃除【壁拭き】

肩こり解消の『ながら家事』は、ズバリ壁を拭くこと。
雑巾での乾拭きやハンディモップでもOKです。

肩こり解消に使う掃除用具
ダイナミックに動かすことは肩こりに効果的です

肘から先を動かしてちょこちょこと壁を拭くのではなく、
肩甲骨を意識しつつ腕全体を大きく動かして壁を拭き掃除します。

壁拭きがもたらすメリット

腕を大きく動かすことで肩甲骨周辺の筋肉が動くので、筋肉のポンプ機能で血流も活発になり、溜まった疲労物質も流れやすくなるんです。
しかも壁まできれいになるおまけ付き。
(壁なんかおまけですよ、偉い人にはそれがわからんのです)

肩関節周りがじんわり温かくなったら、反対側の手で同じように拭き掃除。
これを掃除する手を変えながら壁一面を拭き終わるまで繰り返します。
上の方は道具を使うか踏み台など使って危険のないように拭いてくださいね!

私は壁の上部はフロアモップを
ブンブンして拭いております。便利。

壁拭きのコツは大きく腕を動かすこと

いいですか、ポイントは大きく腕全体を使って拭くことです。
大きく動かすだけで肩甲骨は動きます。
動けば動いただけ壁がきれいになり、凝り固まった肩や肩甲骨周辺の筋肉が柔らかく動かせるようになります。
五十肩(肩関節周囲炎)の方は痛みが出るほど無理しないでね!

壁拭きは毎日でなくてもいいのですが、毎日壁の場所を変えて行えば、肩こりが軽減するだけでなく大掃除がちょっとラクになります。
計画的にやっていきましょう。

動かしてみても楽になった感覚がわからない方は、もしかしたら力が入りすぎているのかも。
そんなときは人の力を借りてケアするタイミングです。
緊張がゆるんだ感覚がわかれば
運動やセルフケアでも軽くなった感覚が味わえます。

ご自身でやってみて軽くなる実感がわかないときは、
どうぞのどかで施術を受けてみてくださいね。

予約サイト

のどかのご予約はこちらから

のどか専用予約サイトへアクセスします。

画像をアップロード

提供中のメニュー

提供中の施術メニューは
こちらでご確認頂けます。

画像をアップロード

お客様のご感想を
まとめました

お客様のご感想・口コミは
こちらのページよりどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。