冷え症の方は寝るときの靴下をおやめくださーい!!

 

うーん…寒いですねぇ…。

ところで、寒い夜寝るときに靴下を履いていますか?
今ではどこでも見かける、肌触りのよいもけもけ靴下なんかは
着用率が高い気がします(篠木調べ)

なんか包まれてるとあったかいような気がするんですよね…。
ふわふわもこもこってキモチイイですもんね。

でも、じつは寝るときの靴下はオススメできないんです…。
なぜかというと、汗冷えをしてしまうから。

寝ているときにも、生きているカラダからは水分が蒸発しています。
この水分は、寝ている間の体温調節にとっても大切。

足裏には汗腺が多いので
靴下を履いてしまうと靴下という狭い中で結露が起こってしまいます。
室内で結露が起きると、窓が湿りますよね。
湿った水分は靴下が吸ってしまいます。
湿った靴下は足裏にくっついているので、
汗が靴下から蒸発するときに
足はどんどん冷えてしまうのです。

じゃあ、冬の寒い時期に寒い人はどうするの?!ってなりますよね。

その時は是非、湯たんぽを使ってください。
電気敷布では全身が乾燥してしまいますし、
一定の温度を保ち続けるので体温調節がしにくく
安眠の妨げになることもあります。

湯たんぽの場合は、はじめは暖かく、だんだんと冷めていくので
睡眠の妨げにならず快適に過ごせると思います。
しかもエコ!全世界が喜ぶエコロジカルな暖房器具です!
(しっかり包んで、やけどにはご注意くださいね♡)

また、足が冷えて困るときは
粗塩を一掴み洗面器に入れて足湯するのもオススメです。
暖かさが持続します(*^^*)

寒い寒い夜、靴下を履いていても足が冷えて眠れない…。
そんな方は、ちょっと試してみてはいかがでしょうか。


Follow me!

ご予約はこちらから

ご予約はこちらのご予約フォームより承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。