風邪をひきやすいこの時期に…鼻呼吸のススメ

今年は特に乾燥しているのか、
普通に室内にいるだけだと
鼻や口、のどなどの粘膜がカラカラになりますね。

我が家も大型の加湿空気清浄機が
常に乾燥をお知らせするほどに乾いています。

あまりにものどが渇くので
悪い病気かなと思いましたが、

枕元にびっしゃびしゃのタオルを干して寝たら
何事もなく解消したので単純に乾燥していたみたいです。

この、乾燥でのどが渇く原因は
単純に加湿不足や脱水だけでなく
もしかしたら口呼吸になっているせいかもしれません。

口呼吸による乾燥は、
風邪やインフルエンザなどの感染症や
花粉症などのアレルギーの原因にもなります。

人間は呼吸するとき鼻呼吸がデフォルトなのですが、
小さいときの鼻づまりや、普段の姿勢の悪さで
舌の位置が変わってしまい、
口呼吸になってしまうことがあります。

口呼吸にはマスクなどもいいですが、
舌の位置を正しい場所に戻すことで
鼻呼吸にしてあげちゃった方がいいです。
鼻はそもそもがマスクみたいな役割をしているので、
マスクが苦手な人は鼻呼吸の方がいいんですよ〜。

舌の正しい位置というのは、
舌先が合わせた前歯の後ろにあるのではなく
舌先が上顎のくぼみの部分にあたっていること。

これ結構できてない方が多いです。正しい舌の位置に戻すオススメの方法は、

『あいうべ体操』

あいうべ体操で口呼吸を鼻呼吸に改善

テレビなどで特集もされています。

大きく口を開けて「あ」
口を横に大きく広げて「い」
口を小さくつぼめて「う」
舌先を伸ばしてアゴをなめるように「べ」

これを1セットとして一日に30回を行うだけ。

声に出してやってみましょう(^^)
これをすることで、舌が正しい位置に戻っていきます。

いつも口が半開きだった私でも、
キチンと鼻呼吸できるようになりましたので
皆さんもだまされたと思ってお試しください。
やって後悔なしでしたよ♡


Follow me!

ご予約はこちらから

ご予約はこちらのご予約フォームより承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。