腰が痛い時にはコレ!簡単にできる解消法

長時間農作業をしていたり
看護・介護などで前かがみの姿勢が多いとき
思ったより腰はダメージを受けています。

長時間の前かがみって
私はなるべくしたくない動作です。

みなさんも
床の拭き掃除やお風呂掃除の時に
屈み続けるのは辛くありませんか。

そもそも進化によって
四足から二足歩行になった人間は
前かがみの姿勢よりも
頭を上にまっすぐ立つようにできているので
短時間でもそこそこ辛くなってしまうのは当然の話。

前かがみになっている時、
私たちは体のバランスを保つために
無意識に腰をそらします。
腰をそらすことで
体が倒れないようにしているんです。

で、これが長時間続くと
普通の姿勢に戻った時に痛いのです。
重いっていうか…鈍痛?
ピキッと来るわけじゃないけど、
急にはうごかせない感じ。

こうなった時すぐに、
体のケアができたらそりゃあいいですけど
作業を中断してマッサージに行ったりはできないので
辛いけど痛みがひくまで我慢するわけです。

我慢していると痛みが引くのは、
痛みが完全になくなっているわけではなくて
痛みに慣れたから。

この痛みをなんのケアもせずに繰り返していくと
慢性的な腰痛になってしまいます。
以前の私のように
腰の痛みに怯える日々を過ごすことになりますよ(脅し)

そこで、
痛みを感じたらやってほしい動きがあります。
その場でできる簡単なものですので、
挑戦してみてくださいね。

①普通にまっすぐ立つ
②膝を軽く緩める
③つま先側に少しだけ体重を移動させる
④お尻を少しだけ後ろから前に突き出す
⑤両腕を横に広げて手のひらを天井に向け、
 そのまま自然に腕を下ろす

これだけ。
めっちゃ簡単。

この動きだけで
前傾姿勢によって偏った使い方になってしまった
筋肉をリセットできちゃいます。

前傾姿勢でバランスを保つために
上半身はうしろ側が
下半身は前側がものすごく緊張しています。

それをリセットして
前後の筋肉を均等に使ってあげることで
痛みはかなり軽くなります。

注意としては、④の動きを勢いよく大げさにやらないこと。
勢いよくやると痛いのでご注意ください。
動かすのはちょっとでいいです。

腰がしんどく感じた時はお試しくださいね〜。


Follow me!

ご予約はこちらから

ご予約はこちらのご予約フォームより承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。