眠れない日が続いたら…。試してほしい6つの方法

すっごく疲れているし眠いのに
布団に入ると眠気が消えてしまう…
そんな辛い経験をしたことがありませんか。

明日も仕事があるから寝ておきたいんだけど
眠気がどうしてもやってこない。

やっと眠れたと思ったら、
息苦しくなって目が覚めたり
じっとしていると肩や肩甲骨あたりが痛くなってきて
寝返りばかりになってしまったり…。

お薬やお酒がないと眠れないなんてこともありますね。

眠れないことに焦って、自分にイラついたりして。

今回は私が試して効果のあった
安眠のための方法をご紹介します。

眠れないとどんどんネガティブ思考にはまって
人間関係も悪化してしまいますし
疲れが取れないことで体調も悪くなっていきます。

体調が悪いと、仕事の効率も落ちてしまうので
本当、いいことなしです。

二進も三進もいかなくなる前に
じぶんで解消できたらホッとしますよね…。

眠れるようになるために、私が意識したことは大まかに分けて三つ。

①ストレスを減らす

②意識的に体を休める

③眠る環境を整える

 

そして、上記の三つに基づいて実践した方法は
こんな感じです。

1)やらなきゃと思う家事を減らす

体調・精神的に余裕がないときは
 やれない家事があってもいいと決める。
 私の場合は食事をお弁当や外食に変えたり、
 掃除の頻度を減らしました。
 買い出しも後片付けも面倒なんだもの…。

2)お風呂は湯船に浸かって

湯船に浸かって体が温まると
 緊張が緩むし、結構気分転換になる。

3)寝酒禁止

少量でも寝る時に息苦しくなったり、
 トイレに行きたくなって眠れなくなるから。
 飲みすぎると気持ち悪くなって結局眠れないので、
 飲まないことにしました。

4)室内は快適にしてナンボ

夏は冷房を入れ、冬は暖房を入れて快適に。
 寒いのも暑いのもすごくストレスが溜まる…。
 寝るときくらいはストレスフリーに。

5)寝る前・眠れない時のスマホ禁止

明るくて目がさめるし、
 余計な情報が入ってきてしまい
 リラックスできません。
 常日頃からぜひやめましょう。

6)いよいよダメなときは一度ベッドから出て手を揉む

ベッドから離れることで
 「ここじゃ眠れない」という気持ちをリセットし、
 手を揉むことで脳をリラックスさせることができます。

私は以上の六つの方法を
効果が出ても出なくても一週間続けると決めて実践しました。

実践してみると、これがちゃんと眠れるようになるんです。

 

本当に参っていたときは
睡眠薬や安定剤を使うことがありましたが
続けることで自然と眠れるようになりました。

睡眠が取れるとお肌やお腹の調子も良くなって
病院にも行く回数が減って、
最近では年に1回かかるかかからないか程度です。

また、不思議と精神的にも安定して
イライラすることが少なくなったので
人の欠点ばかりに目がいかなくなり
人間関係でのストレスが激減。

(これが一番嬉しかったな…)

この眠れない辛さをわかっているので、
仕事や家事などでも無理をしなくなりました。

それに、眠れなくなっても解消する方法を知っているので
それほど焦らなくなったなぁ…。

今本当に眠れなくて悩んでいる方は、
上記の方法を試してみてくださいね♡
おすすめですよ〜♪

 

それでも眠れないときは、
眠れる方法を一緒に考えましょう!

お気軽にご相談くださいね(*´∀`*)


 

Follow me!

ご予約はこちらから

ご予約はこちらのご予約フォームより承ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。